• はんだの歴史
  • 会社案内
  • 会社案内
  • お茶について
  • 緑茶について
  • イート茶について
  • 新茶道狭山流
  • お茶のチカラ
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  1. ホーム
  2. お茶について
  3. ヘルシーカテキン・イート茶について
ヘルシーカテキンイート茶について



商標登録















■埼玉県「彩の国優良ブランド品」に認定されました!

彩の国優良ブランド品とは、埼玉県内で製造されている商品の中から、埼玉県が県の特産品として誇りを持ってお勧めできると認定した銘品です。認定審査を通った商品で、品質も保証されていますので、安心して御賞味いただけます。この機会にどうぞ!

● 通常品は、浸出液から。 多くの粉末茶は、緑茶の浸出液をスプレードライして顆粒状にしたもの。乳化剤やビタミンCなどを添加して安定させるため、お茶本来の微妙な味や香りを充分に生かしきれていないのが実情です。

●緑茶本来の色・味・香り。 茶のはんだの微粉末緑茶ヘルシーカテキン・イート茶は、茶葉そのものを高速気流により短時間で均質に乾燥・粉砕したもの(特許製法)。高熱が発生しないので茶葉を傷めることがなく、緑茶本来の風味や栄養成分が損なわれません。また褪色も抑えられ、緑茶らしい鮮やかな緑の色がそのまま生きています。

●緑茶100%の無添加仕上げ。 ヘルシーカテキン・イート茶には、スプレードライ製法で使われる安定剤などの添加物は一切加えていません。そのため、水やお湯に溶いてしばらくたつとお茶の成分が沈みますが、これは100%純粋な無添加緑茶のあかしです。

商標登録

緑茶100%の微粉末だから、原料となる茶葉には、とことんこだわりました。指定茶園農家と直接契約し、完熟堆肥栽培を投入して栽培。茶木の根を傷めない安全な茶園管理を実現し、年間を通じて農薬の使用を最小限にとどめています。手塩にかけて育てた「残留農薬ゼロ」の茶葉は、特別栽培農作物として認証されたものです。
分析試験成績表へ




商標登録

茶葉の中にある水分を短時間に取り除くことで、茶葉の苦みを減少させ甘みを引き出しました。冷水で溶いても旨みがあり、渋みを抑えたまろやかな風味を味わえます。お湯・冷水ではもちろん、ウイスキーや焼酎の水割りにも。緑茶の香味がきいた、すっきりした味わいを楽しめます。

商標登録

緑茶のチカラを100%活かせます。
ビタミンA・C・Eや食物繊維、カテキンなど、緑茶の成分が人間の体の生理機能に有効なことがわかるにつれて、機能性食品としての緑茶に期待が高まっています。ただし、せっかくの有効成分も、浸出液を飲む従来の飲み方では75%が茶殻に残されたまま。茶葉をそのまま粉砕したヘルシーカテキン・イート茶なら、緑茶の栄養分を100%摂り入れることができます。


カテキン量は、浸出液の20倍以上。
緑茶の成分の中で最近特に注目されているのが、血圧・血糖の上昇を抑え発ガン予防効果もあるといわれるカテキンです。その含有量は、茶葉の浸出液では100g中0.7gですがヘルシーカテキン・イート茶では14.9gあり、その差20倍以上。同じ緑茶を飲んでも、粉末の方が効率よくカテキンを摂り入れられるのがわかります。


抹茶と比べても、高い栄養価。
抹茶は、ヘルシーカテキン・イート茶と同じように緑茶の茶葉を粉末にしたもの。ただし、抹茶に使う茶葉は栽培時に覆いをかけて太陽光線を遮断するため、カテキンの含有量が100g中10gと、かなり少なくなります。ビタミンC・Eも、抹茶よりヘルシーカテキン・イート茶の方が高い数値。ひと口に緑茶といっても、栽培方法で栄養成分に差が出てくるのです。



商標登録

まるごと飲む。つまり、茶殻が出ない。
緑茶の茶葉をそのまま粉砕したヘルシーカテキン・イート茶は、直接、お湯か水を注ぐだけ。急須不要でいつでも手軽に飲める簡便さが、ご家庭や職場ではもちろん、業務用としても重宝されています。また、茶殻が出ないので生ゴミもゼロ。環境にやさしい素材として注目されています。


1杯あたり、わずか0.5g。
急須で飲む場合のお茶は、1杯あたり2.5gの茶葉が必要ですが、ヘルシーカテキン・イート茶は1杯あたり0.5g。茶葉に比べて5倍多く飲めることになり、経済的です。





ヘルシーカテキン・イート茶の商品紹介
緑茶パウダー

特別栽培農産物で残留農薬0のお茶を原料とし、緑茶をのそのまま微粉末にする特許製法で作りました。茶殻として捨てられていた、カテキン・ビタミン・食物繊維が丸ごと取れます。

緑茶ようかん

ヘルシーカテキン・イート茶をあんに練り合わせた、ひと口サイズのようかんです。 カテキンを始め健康に良い栄養素がまるごととれ、緑茶独特のさわやかな香りと上品な甘味を十分お楽しみ下さい。

緑茶あめ

番ヘルシーカテキン・イート茶と大豆きなこの絶妙なハーモニーでサクサクッとした不思議な新食感をお楽しみ下さい。

緑茶あられ

新潟産のもち米と、エンレイ品種の大豆にイート茶・砂糖・塩をまぶして一粒一粒丹精込めて手作りで仕上げた逸品です。
飽きのこない素朴な味をお楽しみください。



まだまだ広がる緑茶の世界

「食べるお茶」として。
緑茶のおいしさをそのまま生かしたヘルシーカテキン・イート茶は、飲料としてはもちろん、食材としても幅広く応用されています。

○クッキー ○パン ○羊羹 ○うどん ○チョコレート ○ふりかけ ○おにぎり ○学校給食のパン、などにも。
○ミスターイトウのAmerican Soft ( クッキー )に使われているのも、
繁田のヘルシーカテキン・イート茶です。






抗菌・消臭効果を生かして、食品以外の分野にも。
微粉末緑茶は、その中に含まれる多量のカテキンから、高い抗菌・消臭効果を持つことがわかっています。この特性を生かして、繁田のヘルシーカテキン・イート茶を使った「緑茶入りキッチンタオル」が誕生。今後も日用品から建材・ペット用品まで、幅広いジャンルでの活用が期待されています。
茶の抗菌力試験へ


製品に応じて、パウダーの粒子を変えられます。
現在は、微粉末の「パウダータイプ(27ミクロン)」とやや粒子の大きい「さらさらミルタイプ(70ミクロン)」の2種類ですが、ご注文に応じて、パウダーの粒子をより細かくすることも可能です。





商標登録



~飲み方~ HOW TO DRINK


基本編〈ホットで〉
湯呑みにヘルシーカテキン・イート茶を少量(0.5g以上)入れ、お湯を注ぐだけ。湯呑みの底に沈んだお茶にも栄養分が含まれていますので、よくかき混ぜて最後までお飲みください。


基本編〈アイスで〉
グラス1杯(200cc)の冷たい水に、ヘルシーカテキン・イート茶を少量(0.5g以上)入れてかき混ぜます。ペットボトルの場合は、水2gに対して4g以上のヘルシーカテキン・イート茶を直接入れ、よく振って冷蔵庫で冷やしてお飲みください。


応用編〈焼酎やウイスキーの水割り・お湯割りに〉
さっぱりとした飲み口を楽しめます。


応用編〈ミルクに加えて、抹茶ミルク風〉
緑茶に含まれるビタミンCが牛乳のカルシウムの吸収をアップします。 ホットでもアイスでも。


応用編〈+レモンで、美肌ドリンク〉
お湯で溶いたヘルシーカテキン・イート茶にレモン汁を注ぎ、 お好みで蜂蜜をプラス。緑茶のビタミンCをレモンでさらに増強した、 肌に嬉しいドリンクです。




~食べ方~ HOW TO EAT


〈緑茶ヨーグルト〉
プレーンヨーグルト1~2カップに対して、ヘルシーカテキン・イート茶を小さじ1杯程度加え、お好みで甘みを足してかき混ぜます。緑茶の豊富な食物繊維とヨーグルトの整腸作用とのダブル効果で、おなかすっきり。


〈小麦粉や塩と混ぜて〉
小麦粉と混ぜて揚げ物の衣にしたり、ホットケーキやお好み焼きに。塩と混ぜててんぷらの塩や卓上塩にも。色と香りを楽しみながら、食物繊維も同時に摂ることができます。


〈納豆に加えて2倍ヘルシー〉
長ネギや醤油と一緒にヘルシーカテキン・イート茶を加えて、かき混ぜます。発酵食品の納豆に緑茶の成分がプラスされて、さらにヘルシーな一品に。


〈ご飯ものにプラス〉
炊き上がったご飯に加えて握れば、緑茶おにぎり。お茶漬けや炒飯にふりかけても、色と香りを楽しめます。


〈緑茶ドレッシング〉
ヘルシーカテキン・イート茶を加えるだけで、ビタミン豊富なドレッシングに。マヨネーズに混ぜるのも、おススメです。


〈納豆に加えて2倍ヘルシー〉
長ネギや醤油と一緒にヘルシーカテキン・イート茶を加えて、かき混ぜます。発酵食品の納豆に緑茶の成分がプラスされて、さらにヘルシーな一品に。


〈納豆に加えて2倍ヘルシー〉
長ネギや醤油と一緒にヘルシーカテキン・イート茶を加えて、かき混ぜます。発酵食品の納豆に緑茶の成分がプラスされて、さらにヘルシーな一品に。



~その他の使い方~ HOW TO USE


〈緑茶パックで、シミ予防〉
ヘルシーカテキン・イート茶と小麦粉を1:2の割合でボールに入れ、水を加えて耳たぶくらいの固さにこねます。洗顔後、目と口の周りを避けて2~3㎜の厚さに均一に伸ばして5~10分。乾く前にぬるま湯で洗い流します。緑茶のビタミンCをお肌に吸収させるのに効果的な、手作りパックです。

参考文献:「お茶 こんなに使える! 得活用術」大森正司監修/青春出版社